Googleのアップデート情報にアンテナを伸ばせ

・かつてのベストが現在のワーストにもなるSEO対策の魔物

アナタのサイトの検索結果順をあげるべく「有効である」といわれたSEO対策をこれでもか!とサイト制作のときに導入されているオーナーさんは多いことでしょう。
その際の各種SEO対策ですが、「サイト制作時」のまま放置はしていませんでしょうか?

Googleの検索アルゴリズムは日々進化しており、アップデートごとにさまざまな検索の淘汰を行っております。
ここ昨今はブログ以外にもSNSなどと連動したコンテンツが増えており、1コンテンツあたりの文字量やキーワードの総量が増えている傾向があります。

こうしたキーワードの増量傾向が検索の阻害になるとGoogleは考えるようでアップデートごとにいろいろな除外条件を増やしていっているようです。

Googleが理想とする「検索されるべきホームページ」というのはシンプルで正しい情報を十分な量掲載しているサイトをピックアップすることを目的としており、機械的に自動的に拾ってしまうような無機質なSEO対策の施されたサイトを排除したいというミッションにむけてまい進している様子がうかがえます。

そのために古いSEO対策の小技を導入することで、かえってGoogleの検索順位を落とすなどという事にもなりかねません。
「ペンギン」や「パンダ」といった動物の名前を大型アップデートの際につけるのが最近のGoogleのならわしとなっておりますが、最新の珍獣の行動パターンにあわせたSEO対策こそが真のSEO対策と言えるようです。

SEO対策 3ヶ月以内での上位表示率98.74%

・ネガティブリストを作ってサイトの見直しを

このようにGoogleにてアップデートが施行されたときには自サイトのSEOの見直しが必要です。
ありがたいことにGoogleではこうしたアップデートを行った際に検索順位やランクが下がる要因となるネガティブリスト(してはいけない件についてのリスト)を開発ノートとして公開しております。

こちらは英語で発表されるものですが、有志が日本語訳したものなどすぐに流通しだしますので探してみましょう。
不思議なものでこうしたアップデートが行われることによって検索順が大きく上がるサイトもございます。

これは正確にはアップデートが現行のサイトに良く作用したというのではなく、上位にあった好ましくないSEO対策が施されたサイトが急落したことにより繰り上がった順位のようなものです。

一時的に上がった検索順位はいずれサーチエンジンのアップデートされたアルゴリズムによって再整理されてまた下位へと沈んでいくことでしょう。
アップデートがあったときには、自身のサイトに施行されているSEO対策がこうしたネガティブリストの項目に抵触していないかチェックすると同様に、新アルゴリズムにあった新しいSEO対策の導入が必要となります。

山形 ホームページ制作 HPからの問合せを0件→70件に
Google analytics(アナリティクス) 講座 セミナー

 

ネット検索の大半はGoogleに頼っているという事実

・ネット検索は現在Googleの独壇場

我々がインターネットで調べものをする際にはかならずといっていいほど「検索」という行動を行います。
キーワードを入力し検索ボタンを押して表示された結果から、目的に見合ったと思しきページをビュー(閲覧)するという行動をとりますよね。

パソコンやスマートフォンを起動した際に、こうした検索画面をトップページに持ってきている人がいるでしょう。
この検索エンジンの利用率なのですが、日本においてはGoogleが独壇場でかなりのシェアを占めています。

「自分はヤフージャパンをトップにしているから違うよね」
「そういえばAppleのiPhoneの検索は?」

実はこれらは全部Googleの検索なのです。ヤフーという会社はかつては独自のサーチエンジンを持っていましたがコスト削減のために現在はGoogleからサーチエンジンの提供をうけております。

iPhoneの音声認識ソフト「siri」などもsiriが判断できない項目は「インターネットで検索しますか?」と聞き直してきますがこうした時に使われるサーチエンジンなどもGoogleでありまして、知らず知らずのうちに我々はGoogleの検索にたよりっきりなっているわけです。

・見せる側としてはGoogleさまの機嫌をとっておきたい

このように我々のネット検索の是非はGoogleに握られているのが現実なのですが、ネットを見る側にとってはさして意識する必要のない話ではございますよね。

ところが見せる側にとってはこのGoogleの検索結果に上位表示される、されないによって天と地の差が出てしまいます。
インターネットという高速情報メディアの登場による弊害なのか、われわれは「調べる」ということに対する忍耐度が年々減りつつある印象はありませんでしょうか?

何かを検索した際に結果ページを2-3ページ見ただけで終わることはほとんどではありませんか?
30ページ40ページに渡った検索結果がでてもそこまで目を通す人は少なくなっているような気がします。
実際にアクセス数も1ページ後ろに行くごとに何十倍も差がでることがわかっております。

このためにいかにページを検索結果の上位に表示させるかという「SEO対策」が必要となってくるのです。
SEO対策というものは少々の施行でも明らかな違いがでてまいります、「やらない」場合は一向にアクセス数は増えませんが、「ちょっとやってみる」事で微増することがすぐに実感できるはずです。

商用のホームページやアフィリエイトを目的をしたホームページを開設しているオーナーの場合はこうしたSEO対策でGoogleサーチエンジンのご機嫌をとっておくことが必要不可欠となります。

 

なぜメス豚の動画は無修正で配信されているのか?